Home » お取り寄せグルメ » 本場北海道からのかにお取り寄せ、そのポイントは?
お取り寄せグルメ「かに通販編」
お取り寄せグルメ「かに通販編」

本場北海道からのかにお取り寄せ、そのポイントは?

お取り寄せグルメ | 09月24日更新

通販で人気のあるかにですが、その種類はどれくらいあるのでしょう。
周りを海で囲まれている日本には、なんと1,000種類以上のかにが存在しています。
世界レベルでみると、なんと5,000種類以上にもなるそうです。
そのなかで、私たちがふだん食べているかにはたった10数種類しかないのです。

かに通販で取り扱っているのは、その中でも人気のある種類です。
3大蟹といわれるタラバガニ、ズワイガニ、毛ガニの他に花咲蟹などが主に販売されています。

この中に、かにという名前だけれどかにではないものが入っているんですよ。
ご存知でしょうか。
タラバガニ、花咲蟹は、実はかにではなくヤドカリの仲間なのです。
ちょっとびっくりしますね。

あれ?よく聞くかにの名前が出てこないと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
よく耳にする越前ガニ、松葉ガニ、芳ガニ、加能ガニ、間人(たいざ)ガニ、津居山ガニ、これは全部オスのズワイガニなのです。
また、クボガニ、香箱ガニ、セイコガニ、親蟹、セコガニという名前も聞いたことがあるのではないでしょうか。
これらはメスのズワイガニになります。
ズワイガニは、水揚げされた港で大きさ別に選別され、プラスチックタグがつけられるのですが、水揚げされた港によって名前がかわることからブランド蟹ともいわれています。
輸入ガニとの差別化を図るためにブランド化が始まったとも言われています。
ブランド蟹は輸入ズワイガニに比べると値段は割高ですが、旬の時期を選べば新鮮なものを食べることができるのです。

近頃では、ギフトとしてかに通販を利用する方も増えているようです。
しかし、どの種類のかにを贈ればよいのか悩んでしまうこともしばしばあることと思います。
贈る相手が住んでいる地域を考えて贈るのが良いと思いますが、北海道ならズワイガニがいいようです。
なぜかというと、ズワイガニの北海道への流通量はタラバガニや毛ガニに比べると少ないからです。
では、北海道以外の方に贈る場合はどうすればよいのでしょう。
そんなときは、3大蟹の詰め合わせなどを用意しているところもあります。
食べ比べができるので人気のようです。

かに通販は自宅用としてもギフト用としてもさまざまな場面で使われているのですね。
いろいろなかにを食べ比べてみるのも、かに通販を利用する楽しみのひとつになりそうです。

top